絶対に意識してほしい5つのキャリア戦略

25歳ビジネスマン

「せっかく入社した会社を3年で辞めるのは・・・」

そう躊躇している人も多いようですが、転職に関しては早めに決断する方が良い。

その理由は、転職市場では年齢をとればとる程不利になるから。

20代半ばまでは、まだ職種や業界の変更が可能。
つまりやり直しが効く。

これが、20代後半になると厳しくなる。
そして30代になってからでは、可能性はほぼゼロになってしまう。

まだまだチャンスの多い社会人3年目の諸君が、転職する時に大切にしてほしい心構え5つを下記に列挙します。

1.ビジョンを持つ事
 自分はこうなりたいというイメージを持つ事が大事

2.他力本願思考を捨てる
 会社に依存したり、学歴に依存したり、上司に依存するのは辞める

3.キャリア志向を持つ
 皆と同じことをやるのではなく、同年代のビジネスマンと自分を差別化する

4.学び続ける事
 社会情勢が変化しつつある現在は、絶えず学ぶ姿勢が大事

5.実行力
 自分の頭で考えて、決めたことをやり抜く行動力が必要

脱社畜!フリーエージェント宣言しよう

誰しもが目指すべき夢ではない事は理解していますが・・・
出来る事ならば、30代で独立や起業という選択肢を持っていたいもの。

20代の時から独立を視野に入れた働き方をする事で、会社に依存することなく自分で好きな会社を選べるだけのキャリアが身につく

今後、社会のスピードは益々速くなっていく事は周知の事実。
10年おきにキャリアチェンジをするぐらいの覚悟は必要です。
その時に頼りになるのは、自分自身の能力(=キャリア)です。

社会人3年目の転職は、このような戦略を持って転職活動をスタートさせるべきなのです。
次のページで、転職エージェントの活用方法を語っているので参考にしてください。

ページの先頭へ戻る