大チャンス到来! 既卒者トライアル雇用の開始

既卒者

既卒採用促進策が各企業に通達されている。
その内容は「3年以内の既卒者を採用すると雇用奨励金を支給する」というもの。

簡単に内容をまとめると、
対象者は、高校・大学等を卒業して3年以内の人。
尚且つ、就職活動を継続中の人が対象。
つまりは、既卒。

求人契約は、正規雇用を視野に入れた3ヵ月以内の有期雇用契約を行う事。

そして、正規雇用(いわゆる正社員)の定義も定められている。
①雇用期間の定めがない雇用形態
②労働契約が存在する事
③雇用保険への加入義務

上記条件を満たす雇用を創出した企業に対して、下記を国庫が負担する事となっています。

①有期雇用期間(原則3ヵ月):1人につき月額10万円支給
②有期雇用終了後の正規雇用での雇入れ:1人につき50万円支給

詳細説明は厚生労働省に記載されている。
http://www.mhlw.go.jp/topics/2010/01/tp0127-2.html

以上のような政府の後押しが出てきた事で、既卒者にチャンスの門戸が広がっていると考えるべき。
企業は既卒者の採用方針を積極的に考え始めている。

名ばかり正社員には気をつけよう

ただ、非正規雇用とあまり変わらない労働条件・環境で雇われる、「名ばかり正社員」とならないように注意をしましょう。
最大のチェックポイントは、トライアル期間の3ケ月のうちに雇われた企業の本質を見抜くこと。

既卒で職歴なしだと、「とにかく正社員になりたい」と焦ってしまいがちですが・・・
ブラック企業がこの制度を悪用する可能性は否定できないので、自分の目でしっかりと企業分析をする事は必要ですよ。
どのようなサイトを利用するのがベストかという事に関しては、ココのサイトが詳しく紹介しています。

ページの先頭へ戻る