30歳から転職する人へのアドバイス

30代平均年収

①時代の波に乗る

自分の安月給を嘆く前に、会社の利益構造&業界の体質を勉強しましょう。
社員の給料が低い会社は、不況業界&業績不振企業がほとんど。

いくら有名な企業に勤めていても、業界全体が右肩下がりだったら一緒に沈没する。
沈没船からは、いち早く抜け出る行動力が必要。

②情報網を一度広げてから、絞り込む

自分にどのような転職チャンスがあるのかを知らないのは勿体ない。
けれどもそういう人が多い。

転職活動初期は可能な限り情報を取りにいく。
絞り込むのは中盤以降。
最初から絞り込むと折角のチャンスを逃す事になる。

③働きたい会社の基準を作る

求人サイトをざっと見渡してみてください。
おそらく8割以上は聞いた事のない会社名ばかりでしょう。
その中から何を基準にして1社に絞りますか?

ただ単にネットで求人サイトを徘徊しても時間の無駄。
取捨選択する為の基準値を作りましょう。

④転職エージェントを利用する

転職エージェントは完全無料で転職活動を手伝ってくれます。
だからまずは登録。
情報源として利用する価値は十分にある。

しかも、エージェントを一社に絞る必要は全く無し。
転職活動の初期段階では、情報源&相談先をドンドン広げる事は非常に大切。
その中で相性の良い転職アドバイザーに出会ったら、積極的に将来のキャリアを相談してみるのが良い。

評判の良い転職エージェントランキング

30代に人気がある転職エージェント&ランキング上位3社はここです。

1パソナキャリア

徹底的に転職希望者のキャリア志向を傾聴してくれる事で評判が良い。
だからキャリア相談をしたい人は最適。
将来に対するモヤモヤを抱えている人は、ココで相談してみる事をおススメします。

2type

自分の市場価値を知りたいなら、まずはtypeに相談。
年収アップに積極的に取り組んでくれる転職エージェントだけに、市場価値に対するアプローチ方法が優れている。

3リクルートエージェント

転職の求人数・情報量でいったら、圧倒的No1のリクルートエージェント。
キャリアカウンセリングにも定評があるので、一度相談してみるのがいいです。

次の転職でほぼ一生のキャリアが決まる!

30代の転職に、情報収集ミスは許されません。
何故ならば、おそらく最後の転職だから。

30代までは求人も数多くありますが、40代になると求人数が激減する。

また、年齢があがると待遇も悪くなる一方なので、転職したくてもなかなか踏み切れなくなる。
だから、30歳~40歳までの間に働いたキャリアが、あなたの一生涯の仕事になる。

30代で転職を考えている人は、絶対に油断は禁物。
取引先の企業からちょっとオイシイ条件を出されたからといって、ホイホイ転職してはいけません。

冷静に下記の質問を、自分に投げかけてみてください。

「あなたが希望している職種の平均年収は、年をとっても右肩上がりなのか?」

「あなたが現在働いている業界は、今後も順調に伸びていくのか?」

以上の事を、冷静かつ客観的に判断する必要があります。

ページの先頭へ戻る